新店・新工場・リニューアルコンサルティング

失敗しない新店・新工場オープン・リニューアルオープンの秘訣とは?
2008年、我々がお手伝いした
約50件のオープン、リニューアルが100%成功した理由を知りたくありませんか?

「地域の方がみんな自店を知っていて・・・」「遠くからでも自店の看板が見えて・・・」「新車ディーラー以上のキレイなお店で・・・」「コンビニのように明るい店内で・・・」「店内にはいつもお客様がいて・・・」 「お客様やスタッフの笑い声がいつも聞こえて、活気があって・・・」「何よりも行列ができる繁盛店で・・・」

新店・新工場オープン・リニューアルオープン 写真

新しいお店作りは楽しい仕事です。

「長年の夢を実現できる」

社長も社員も将来に希望を持って一番ワクワクできる瞬間ではないのでしょうか?

しかし、一方で80%以上のお店が間違った出店・リニューアルオープンを行っていることが現状です。

出店したものの、コストだけ上がって業績が上がっていない。
集客ができないから営業マンに営業電話をさせて疲弊させている。
決死の覚悟で販促費用を使っても、販促費用すらも回収できない。

作ったお店自体の集客力がないため、どんどん悪循環にはまっていく。
結果的に社員が辞めてしまう。

もうダメだと退店しようにも、費用がかかるのでなかなか決心がつかない。そんな合間にもどんどんお金がなくなっていく。

安易に出店・リニューアルをして逆に苦しんでしまっている経営者が多いのも事実です。
こうなっては夢どころか悪夢です。

 

では、なぜこんな失敗をしてしまうのでしょう?

1つ目の理由は
「そもそも立地が良くないから」です。
一般向けの商売というのは、50%以上、立地でお客様の集客力が決まります。
もちろん、販促方法や外観のつくり方や商品構成で集客力を高めることはできます。
しかし、立地の良さ以上に集客効果があるものはありません。
「ローコストだから他の中古車屋さんの居抜きへ出店しよう」
なんて、安易に出店場所を決めたりしては後悔します。
前の中古車屋さんも「お客様が来なかったから閉店した」のですから。

2つ目の理由は
「お店をつくることがゴールになっているから」です。

お客様視点に立ったお店づくりができていないため、集客が乏しく、リピーターも増えていかないのです。
「細かいことはよくわからないし、知人の建築業者に任せておけばいいだろう」
「看板などの外観や店内は紹介してもらったデザイナーに任せておけばいいだろう」
「店名は英語のほうがカッコイイだろう」
などと、「お店をつくること」を商売にした相手に相談してしまったり、自分の想いだけでお店を作ってしまうことです。中には創業オーナーが土地と建物が大好きで作るだけ作って、二代目が後を任されたものの閉口してご相談に見えるケースもあります。

3つ目の理由は
「戦略が時流とズレているから」です。
将来の戦略にもとづいて場所やお店の大きさを考えていますか?
将来拡張できるような場所を選んでいますか?
整備工場を建てられることを基準として場所を選んでいますか?
競合に対して差別化ができるほどの在庫量を持てる場所を選んでいますか?
品揃えは時流に適していますか?
サービスメニューは時流に適していますか?

いかがでしょう?

あなたが考えている出店・リニューアルオープンは、「絶対成功する」と自信をもてますか?

「もっと考えなきゃ」と思いながらも前回の出店の経験だけを頼りにしたり、「一応かたちになっているから」「これ以上はないよ」「忙しいから」と自分自身で限界を決めてしまったり、妥協してしまったり・・・

一生で何度もない出店・リニューアルを、安易にしようとしていませんか?

我々は120社250店舗以上(2009年5月)のお付き合い先があり、
昨年度だけでもおよそ50件、つまり毎月4~5件の新店・新工場オープン、リニューアルオープンに関わりました。その結果、集客が一気に倍増するような事例をたくさん見てきました。

そう、出店・リニューアルオープンは企業にとって一気に飛躍できるまたとない大チャンスなのです。

リニューアル前・リニューアル後 画像 リニューアル前・リニューアル後 画像 リニューアル前・リニューアル後 画像

 

経営者様から我々に出店・リニューアルオープンのご相談を多くいただきますが、理由は明確です。

1つ目の理由は
我々ほど経験がある企業はめったにないからです。

我々のお付き合い先のお店が出店・リニューアルオープンのいずれかを常に行っており、様々な業態において全国で最先端の事例が手元にあります。

時流の変化は激しいです。以前なら3年通用したやり方が、3ヶ月で通用しなくなる時代です。

経営者が自分の経験とカンを頼りにギャンブルのような出店をするよりも、我々に聞いたほうがはるかに費用は安く、時間もかからず安全だからです。

我々の経験を金額にすると、1店舗あたり3,000万円~1億円と考えても年間15億円~50億円かけて出店してきた経営者に相当する経験値なのです。

果たしてこれだけの経験をした経営者はどれだけいらっしゃるでしょうか?
その経験をあなたのお店に置き換えて、最高の提案できるのです。
我々は机上の空論ではありません。全国各地の実例に基づいた生きた事例ノウハウの提案ができるのです。

2つ目の理由は
純粋に、いかに業績を上げるかという視点でアドバイスができることです。

我々は、建物を建ててナンボでなければ、デザイン権を取ることや、機械工具を納入することが目的でもありません。ですから純粋に、このお店をいかに繁盛する店にするか?
それしか考えていないのです。
経営者はどうしても自分にとって都合の良い情報ばかりを集めてしまいがちです。分かっていても逆説的な情報は集めたりしにくいのです。
業者の言うことは本当に正しいのか?
自分が考えていることはズレていないのか?
自分自身では判断しにくいものです。
我々は最新の事例、現状の時流をふまえ、論理的にアドバイスができるので、間違った方向へは進まないのです。

「本当にそうなの?」
「調子の良いことばっか言っているんじゃないの?」
「失敗事例はないの?」
そう思う方もいらっしゃるかと思います。

もしご心配なら「我々のお付き合い先のお店に訪問していただいても構いません」
生の他の経営者の声を聞いてみてることが安心材料になるのなら、一声かけてさえいただければ、ご紹介します。

一生でそう何度もない、新店・新工場オープン、リニューアルオープンです。

丁寧にやっていただくべきだと思います。

なぜなら、失敗を後から取り戻すことはほとんど不可能だからです。

「後から変えれば良いや」

ということが通用しないのが出店・リニューアルなのです。
だから、絶対に失敗できないのです。
失敗しないための準備が必要なのです。
失敗しないために様々な角度から方法を考えることが必要なのです。

リニューアル前・リニューアル後 画像 リニューアル前・リニューアル後 画像

 

また、最近よくあるご相談のひとつが「お店の統廃合」です。

2008年の秋の金融危機から、より強い店舗づくり。非効率店舗の集約化が大切になってきました。2店舗ともに在庫50台のお店、2店舗ともに認証工場のお店よりも、1店舗で100台のお店、1店舗で指定工場のお店のほうが、集客力もあり、生産性も高く、オペレーションの効率も良いため、収益性が高いのです。

つまり、特徴の弱い小さいお店では生き残れないのが現状です。

「小さいお店だから集客も乏しい」
「在庫も満足に揃えられない」
「整備工場も建てられない」
「社員のために休日も作れない」

50歳代以上のオーナーの中には、採算の合わないお店と分かっていても「店を閉めるのは恥ずかしい」と見栄が壁になっている場合もあります。

でもその見栄のせいで、社員が疲弊していき、モチベーションも下がっていき、お金がなくなっていってしまっては元も子もありません。

会社にとって出店もリニューアルもそして統廃合も大事なことです。
失敗して欲しくありません。
もしあなたの会社が今、出店・リニューアルオープンをご検討中であれば、ぜひ、一度相談してみてください。

きっと喜んでいただけるアドバイスができるはずです。
あなたにお会いできることを楽しみにしております。

リニューアル前・リニューアル後 画像 リニューアル前・リニューアル後 画像

 

コンサルティングを検討する

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:カトウ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日10時~18時(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ 船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ