page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ マイページ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30

コンサルタントコラム

あなたの自動車販売・車検整備・鈑金塗装・人財採用・育成・評価等の経営全般の秘訣を伝授します!
オートビジネス研究会会員は、北海道から沖縄まで約500社!選りすぐりの成功事例をコンサルタント達がルール化し、発信していきます!

  • 立原 崇雅
    立原 崇雅
    先日、船井総研主催で開催された
    経営戦略セミナー 研究会全国大会の弊社中谷の講座にあった
    企業成長のZ曲線の終着点。イノベーションカンパニー。
  • 中村 結
    中村 結
    船井総合研究所オートビジネス支援部の中村結です
    今回は「マイカーリース店“営業マンの即戦力化”」についてお伝えします。
  • 大森 昭宏
    大森 昭宏
    8月に入り、繁忙期と比較すると時間的に余裕のある時期かと思います。今の時期は、来年の繁忙期に向けて新しい体制や施策に取り組む会社様が多くいらっしゃいます。今回は、その中でデジタル化による業績向上施策についてお伝えしたいと思います。
  • 菊池 正寛
    菊池 正寛
    今回は「サービス来店時の新車リース提案で月間10台以上販売する方法」についてお伝えします。
  • 淵上 幸憲
    淵上 幸憲
    今回は収益性の高い整備工場のポイントをお伝えいたします。
  • 立原 崇雅
    立原 崇雅
    先日ご支援先に伺うとこんな事例がありました

    「ユーチューバ―とコラボして動画を撮影したら、展示会で有名人になってました」
    「販売にもつながり、正直ビックリしています」
  • 島田 裕一
    島田 裕一
    ロープレの計画を立てていないことも、ロープレが継続をしない大きな理由のひとつです。
    1回1回のロープレのテーマがあいまいになっているとロープレをする目的やゴールがあいまいになり、何をすれば良いかあいまいになります。
  • 島田 裕一
    島田 裕一
    2つ目の理由はロープレによる指導がダメ出し中心であることです。
    誰でもそうですが、自分のダメなところや短所を指摘されてばかりであれば嫌気がさしてやる気が無くなるものです。
  • 菊池 正寛
    菊池 正寛
    マイカーリースは、まだまだ小さい市場ながらも保有台数が伸びています。そのため、ここ数年で多くの自動車販売店や整備工場が強化するようになりました。そのため、エリアによっては、各リースブランドの看板を掲げる販売店が乱立する状況になってきました。
  • 島田 裕一
    島田 裕一
    日々、経営支援や営業研修を行っていると、
    習慣的にロープレができている会社と、まったくしていない会社に二分されていることがわかります。
    そのどちらが良いのかは言うまでも無いほど明白であるかと思いますが、皆様の会社ではいかがでしょうか。
    それでは、ロープレができていない会社の5つの特徴とは何でしょうか。